サーバーの時計を自動で合せるNTPクライアントを導入

サーバーの時計が狂わないように自動で同期を取るように設定します。サーバーの時計が狂えばすべてのプログラム内で使われる日時が狂ってしまいます。その前に時刻合わせはやっておきたいですね。

NTP(時刻合わせ for client)をインストール

ntpdateを編集

# vi /etc/default/ntpdate を修正します。

手動で時刻合わせる

Cronに登録(自動実行)

CMOS情報の時間をOSの時間と合わせる

時間を確認する

読んで頂いて有り難うございます!