BIND9でDNSマスターサーバーを構築

BIND9 マスターを構築する手順を記録として残しておきます。

スポンサーリンク

BIND9(DNS)をインストール

ゾーン追加

正引きゾーン定義ファイルを作成

// 説明
$TTL :別のDNSがこの情報をどれくらいの期間キャッシュするかを指定。
Serial :ゾーンファイルの更新をした場合、値を変更しないと設定が反映されない。
Refresh :スレーブがゾーン情報の更新をチェックする間隔。
Retry :スレーブがゾーン転送を失敗した場合に待機する間隔。
Expire :スレーブがゾーンファイルを無効とみなすまでの時間。
Minimum :問い合わせレコードが存在しなかった場合に「存在しない」という情報の生存時間。単位:秒

逆引きゾーン定義ファイルを作成

ゾーン定義ファイルのチェック

named-checkzone [ ゾーン名 ] [ ゾーンファイル ]

オプション設定

named.conf 設定ファイルのチェック

※ 何も表示されなければOK!

IPv6無効にする

設定ファイルの再読み込み

動作チェック

@192.168.0.101 は、今回設定したDNSマスターのIPを指定すること。

これで情報が引ければ設定完了です。

読んで頂いて有り難うございます!