Debian 6(squeeze)を7.5(wheezy)にアップグレードする方法!

未だに、Debian 6(squeeze)を使っているのも少し抵抗があったので、7.5(wheezy)にアップグレードしてみました。作業は簡単でしたが、設定ファイルなどのバックアップが少し面倒くさいですね。アップグレードにかかる時間は、およそ15分程度でした。

OSをアップグレードする前に、必ずバックアップは忘れずに取っておいてください。各設定ファイルも忘れずに。

スポンサーリンク

リポジトリの変更

初期のインストール環境によって、sources.listの中身が異なる可能性があるので、ご自分のsources.list を squeeze の文字を wheezy に置き換えてください。
# vi /etc/apt/sources.list を修正します。
下記は既に修正済みです。

インストール済みのパッケージを最新に更新

ここから先に進むと後戻りは出来なくなります。
インストール済みのパッケージを最新にする事によって、依存関係に問題が無いかを確認します。ここで依存関係が発生したら、次に進まず、ここで解決しておいてください。

OSのアップグレード前にバージョンを確認

OSのバージョンを確認する必要が無い人は、飛ばしてください。OSのアップグレードには何も影響はありませんので・・。

この時点で、「Debian GNU/Linux 6.0.9 (squeeze)」だと分ります。次のシステムアップグレード作業で、「Debian GNU/Linux 7.5 (wheezy)」に変わります。

システムアップグレード実行

この作業で、「Debian 7.5 (wheezy)」にアップグレードされます。数分程度時間がかかります。

アップグレードの確認

無事にDebian 7.5 (wheezy)にアップグレードが出来ました。
念のため、OS再起動とその他の動作確認を行ってください。

読んで頂いて有り難うございます!