Squidでプロキシサーバーを構築

今回、構築するプロキシサーバーは、クライアント側で利用するプロキシです。主にブラウザーに設定して利用します。一般的に「串」と呼ばれているもので、パスワード認証付きです。WEBサーバーと一緒に使う様なリバースプロキシではありません。

このプロキシサーバーの使い道として、社内ネットワークから外部に出たりする時に利用したり、特定のサーバーにアクセスする時に、このプロキシサーバー経由のみを許可するなど色々な使い道があります。

では、さっそく構築しておきましょう!

スポンサーリンク

Squid(Proxy)をインストール

squid.conf 編集

パスワードファイルの作成

再起動(設定反映)

ここまででプロキシサーバーの構築は終わりです。

ブラウザーにプロキシサーバーを設定する

ブラウザーのプロキシ設定を開いて下さい。

インターネットのプロパティ → ローカルエリアネットワーク(LAN)の設定 → プロキシサーバー

アドレス:今回、構築したサーバーのIP、またはドメイン
ポート:8080

設定後にブラウザーを開くと、ユーザーとパスワードの入力を求められるので、上記で設定した情報を入力するとプロキシ経由でインターネットに接続できるようになります。

今回、構築したプロキシサーバーがインターネットに出来ない環境の場合、このサーバーを経由してもインターネットには接続できませんのでご注意下さい。^^;

読んで頂いて有り難うございます!