FTPサーバーを ProFTPDで構築

ProFTPD でFTPサーバーを構築する手順です。ProFTPD の導入方法は、スタンドアローンとinetd経由の2つありますので、両方の導入方法を説明します。

最近では、FTPを使う機会もだいぶ減ってきました。代わりにSSHを用いたSFTP(SSH File Transfer Protocol)が一般的になってきています。FTPは、ID・パスワード等の情報が平文(そのまま)で送られるため盗聴の危険性があります。VPSをご利用の方は、SSHとWinSCP(FTPソフト)用いた方法でファイルのやり取りをする事をオススメします。

ProFTPD(FTP)をインストール

インストール時に inetd経由standalone の選択が出ますが、FTPは常駐する必要がないので、inetd経由で起動させた方がメモリの節約になるのでオススメですが、インストール作業は、standalone の方が簡単です。

基本設定

# vi /etc/proftpd/proftpd.confを修正します。
standalone を選択した方は、ServerType standaloneになってます。
下記は既に修正済みです。(変更箇所の説明は下部へ)

// 説明
UseIPv6 onUseIPv6 off – IPv6をオフ
ServerName "Debian"ServerName "FTP" – OS名を表示する必要がないので変更
ListOptions "-l"ListOptions "-al" – -aを付けることにより、「.htaccess」のようなファイル名も表示
# DefaultRoot ~DefaultRoot ~ – ユーザーがログインした時のデフォルトルートディレクトリを設定

// 追加自由
TimesGMT off – 世界標準時間(GMT)を無効にし日本標準時間(JST)にする。
AllowStoreRestart on – アップロードのレジュームを有効にする。
AllowRetrieveRestart on – ダウンロードのレジュームを有効にする。

// FTPのログインが遅いときは下記を追加
UseReverseDNS off
IdentLookups off

standalone でインストールした方は、 # /etc/init.d/proftpd restartで、設定を反映させてFTPの導入作業はここで終わりです。

xinetdをインストール(以下、inetd経由の場合のみ)

inetd経由でFTPに接続する為、xinetd をインストールします。

起動ファイル作成

# vi /etc/xinetd.d/ftpを作成します。
下記は既に修正済みです。

xinetdを再起動

起動ファイル反映のため、xinetdを再起動。

これで、inetd経由でFTPに接続が出来るようになったと思います。

うまくいかない?

  • FTPがうまく接続出来ない場合、# PassivePorts 49152 65534 のコメントアウトを解除して試してみてください。
  • inetd経由の場合、スタンドアローンで接続出来るか試してください。

読んで頂いて有り難うございます!