Nginxでベーシック認証をかける方法!

Nginxでベーシック認証を設定するときは、直接、 /etc/nginx/sites-available/default に設定を書く必要があります。
※ Nginxは 「.htaccess」 が使えません。

1. サイト設定ファイルを修正

21-22行目の2行を追加します。"Auth" は、"My Site" などに置き換えても大丈夫です。
# vi /etc/nginx/sites-available/default を修正します。
下記は既に修正済みです。

今回は、サイト全体がベーシック認証の対象になりますが、location /wp-admin { の中にベーシック認証の記述を書けば、WordPressの管理画面にベーシック認証を設定することが出来ます。特定のディレクトリだけも可能です。

2. パスワードファイルの作成と設置

Nginxは、パスワードファイルを作成するツールがありませんので、裏技を使ってパスワードファイルを作成します。

パスワードファイル作成は、WEBサイトでも作成が出来ます。ベーシック認証のパスワード生成ツールで、パスワードファイルを作成してFTPでアップロードしてください。複数のユーザーとパスワードも一度で作れる優れたサイトです。

これでベーシック認証の設定は完了です!

サイトにアクセスすると認証画面が出るので、設定したユーザー名とパスワードを入力してログインが出来るか試してくださいね~。

読んで頂いて有り難うございます!