WordPressのプラグインなどのインストール・更新をSSHでやる方法

WordPressの為にFTPサーバーを導入している人も多いと思います。普段はSSH(WinSCP)でファイルのやり取りしているのに、プラグインなどの更新の為にFTPサーバーを導入していた・・・なんて良くあります。FTPはセキュリティ的にも使いたくないんだけどね~。と、内心思いつつも・・・。

そんなあなたも、今日でFTPとはおさらばです!

今回の方法は、FTPのパスワード情報を入力しなくても、SSH鍵(秘密鍵・公開鍵)を使ってプラグインなどをインストール・更新をするので、「いますぐインストール」を押すだけで、すぐにインストールされ作業がすごく楽になります!

鍵は非公開領域のサーバー内に置くので、手元のパソコンに持っておく必要が無く、無くしてしまう心配もありません。

SSH2ライブラリをインストール

PHPでSSH2を使えるようにするた為、libssh2-phpをインストールします。

SSHの鍵を作成

今回は、新しくディレクトリ「.wpssh」を作ります。通常のままだと、「.ssh」に鍵が保存されますが、通常のSSH鍵とWordPress鍵が混在しないように分けます。
※ 秘密鍵:id_rsa、公開鍵:id_rsa.pub

wp-config.phpに追記

WordPressの設定ファイルに追記します。
FTP_HOSTは、localhostのままでOKです。

これでFTPの入力画面とはおさらばです!

これで何も入力せずにプラグインの「いますぐインストール」をクリックすると、「プラグインを有効化」の画面に直行です!FPT情報の入力の手間が省けて、セキュリティも向上しました!

上手くいかない?

こんなエラーが出たら・・・
wordpress-ssh_1

「2.SSHの鍵を作成」をもう一度見直してください。
鍵はWEBサーバーを動かしているユーザー(www-data)がアクセス出来るようにする必要があります。

wordpress-ssh_2
libssh2-phpをインストールした後、php5-fpm の再起動を忘れてませんか?

wordpress-ssh_3
残念ながら、私にも解決方法がわかりません。通常のFTP方式に戻せば更新できると思います。

読んで頂いて有り難うございます!